ベルタ葉酸サプリは効果なし?葉酸サプリの効果を解説!

葉酸サプリの効果

妊活中や妊娠中の女性は、やはり健康な赤ちゃんを産みたいと思っているはずです。そのためにできることは何でもやっておこうと思っていませんか?日々の食生活に気を付ける、規則正しい生活習慣を心がけるなど意識している方も多いでしょう。

 

そのような女性の間で高い人気を誇っているのが、ベルタ葉酸サプリです。ベルタ葉酸サプリには妊活・妊娠中に必要とされる栄養分が凝縮して配合されています。日々の食事だけでは十分摂取しきれなかった栄養分を補給することも可能です。

 

その中でも葉酸が含まれている点に注目しましょう。葉酸は元気な赤ちゃんを産むために必要な栄養分とされています。厚生労働省でも妊娠中の女性は摂取すべきであると推奨しているほどです。

 

そもそも「葉酸」って何?

葉酸サプリの効果

妊娠期に欠かせない栄養分としてにわかに注目されているのが葉酸です。葉酸サプリも通販サイトを中心にいろいろと販売されています。また厚生労働省や日本先天性学会でも葉酸の摂取を推奨しているほどです。

 

このような権威ある所が葉酸の必要性を認めているので、説得力も出てくるでしょう。妊活・妊娠中の女性の中には、葉酸サプリに興味を持っている方もいるはずです。しかし葉酸とはそもそも何かを理解しておきたいところではないですか?ここでは葉酸について詳しく紹介します。

 

葉酸とは?

葉酸とはビタミンBの一種で、水溶性になります。葉酸と呼ばれるのは、そもそも造血に必要な因子のためにホウレンソウから抽出されたからだといわれています。ほうれん草のほかにも緑黄色野菜やレバーなどに多く含まれている栄養分です。(参照:「健康食品」の安全性・有効性情報)

 

葉酸は体内ではいろいろな役割を果たしています。私たちの体に欠かすことのできないDNAやアミノ酸の合成にかかわっています。そのほかにはビタミンB12と一緒になって赤血球の生産を促しています。このように体の発育を促す効果が期待できます。

 

また血清ホモシステインの増加を抑制する作用もあるといわれています。血清ホモシステインが体内に増加すると、動脈硬化のリスクが高まります。動脈硬化は生活習慣病の一種で、時に重大な結果をもたらしますのでそれを予防する意味では大きな働きがあると考えられます。

 

そのほかにも貧血防止や口内炎の予防、免疫力を高め病気にかかりにくくするといわれています。そして葉酸には胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減に有効といわれています。ですから妊娠中の女性に葉酸の摂取がすすめられているわけです。実際2002年から母子手帳の中にも、葉酸に関する記述が記載されるなど、重要な栄養分と認識されつつあります。

 

葉酸の摂取は厚生労働省と日本先天性学会が推奨

葉酸の摂取は厚生労働省や日本先天性学会というところが推奨しています。まず厚生労働省では平成12年に「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」という通知を出して、妊娠の可能性のある女性へ葉酸の摂取を勧めています。

 

日本先天性学会は一般にはあまり聞きなれない名前かもしれません。こちらは1961年に創設された学会で、先天異常についての研究の進展・知識の普及を目的としています。

 

先天性の疾患に関する権威ある団体でも、葉酸の摂取を妊婦さんに推奨しています。このように国や先天性疾患の専門的機関が、健康な赤ちゃんを出産するために葉酸が大きな役割を果たすことを認めています。

 

全ての女性に知ってほしい!赤ちゃんの先天性障害が葉酸不足で起こる理由!

妊娠初期の段階ではいろいろな器官が作られ、人間としての形が形成される大事な時期です。私たちが生きていく中で主要な器官として、脳や神経、心臓などがありますが、これらの大元も妊娠初期に形成されます。そして脳や神経などの原型にあたるのが神経管です。

 

神経管から脳や神経などを作るためには、DNAが必要です。DNAによって細胞の増殖が促されるからです。そしてDNAを合成するためには、葉酸が必要といわれています。

 

もし妊娠初期の段階で、妊婦さんが十分な葉酸を摂取していないとDNAが十分生産できません。その結果、細胞の増殖もうまくいかなくなって神経管閉鎖障害が起こります。すると脳や神経などは十分に形成されずに、先天性の異常を抱えて赤ちゃんが生まれるリスクも高まります。

 

赤ちゃんの先天異常「神経管閉鎖障害」とは?

葉酸サプリの効果

葉酸を妊婦さんは摂取すべきといわれる根拠に、神経管閉鎖障害の発症リスクの低減が挙げられます。神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄のもとになる神経管の一部がふさがらずに成長してしまう症状です。こうなると脳や脊髄が正常に機能しなくなります。妊婦における付加量設定に当たっての留意点 | 葉酸

 

神経管閉鎖障害が起きるのは、妊娠4〜5週ごろとかなり早い段階です。もしこの症状を発症してしまうと、大きく2つの病気のうちいずれかを発症します。どこで神経管がふさがっていないかが分岐点となります。

 

もし神経管の下部がふさがっていないと、二分脊椎症を引き起こします。通常脊髄は脊椎の中に納まっていなければなりません。ところが二分脊椎症の赤ちゃんの場合、脊髄が脊椎の外に飛び出しています。こうなると脊髄が癒着や損傷を引き起こしやすくなり、いろいろな神経障害を引き起こしかねません。

 

神経管の上部で閉塞障害が起きた場合、無脳症を発症します。無脳症とは、頭蓋と大脳を欠損した状態のまま成長してしまう症状です。お母さんのおなかの中では成長を続けられるものの、脳が十分形成されていないので流産や死産のリスクが極めて高いです。

 

二分脊椎症の場合でも、下半身の神経麻痺による運動障害、膀胱などを動かす筋肉麻痺による排尿・排便障害などを引き起こしやすいです。いずれにせよ、生まれてくる赤ちゃんはハンデを抱えて生まれてこなければなりません。

 

葉酸と先天性異常の関係性

神経管閉鎖障害をおなかの中の赤ちゃんが発症する要因はいくつかあります。妊娠期間中の環境や遺伝的要因とともに大きく関係しているといわれているのが、葉酸の摂取不足です。

 

妊娠初期は胎児の体を形成するにあたって、大変重要な時期です。神経管をもとにして、脳や神経、心臓といった大事な器官が作られます。この時に細胞が十分増殖されないと神経管閉鎖障害を引き起こしやすくなります。

 

細胞増殖のためにはDNAが必要で、そのDNAを合成するためには葉酸が必須です。このため、十分に葉酸を摂取することが神経管閉鎖障害対策で有効といわれるわけです。その他にもアルコールには葉酸の吸収や代謝を妨げる効果があるといわれているので、お酒を飲むのも控えたほうがいいです。

 

厚生労働省や先天性異常学会は葉酸サプリを推奨

神経管閉鎖障害のリスクを低減するために、厚生労働省も先天性異常学会も妊婦さんに葉酸の摂取を推奨しています。しかも両者ともサプリメントなどの合成葉酸から摂取することを推奨しています。

 

実は葉酸は私たちが日々食している食料品の中にも含まれる栄養素です。しかしこの食料品に含まれている葉酸を摂取しても、体内に吸収されるのは50%以下といわれています。消化吸収の過程で様々な代謝が行われ、その影響を受けるためと考えられています。

 

また葉酸は水溶性ビタミンの一種です。このため食料品を調理した際に壊れるなどで消失してしまう恐れもあります。一方サプリメントに含まれる合成葉酸の場合、食料品のそれと構造そのものが違っていて安定性に優れ、より効率的に体内に吸収されることもわかっています。

 

吸収率の良い合成葉酸400μgを食品以外から摂取する

厚生労働省や先天性異常学会では、サプリなどの合成葉酸での摂取が推奨されています。これは吸収効率の違いによるところが大きいです。食品中に含まれるのがポリグルタミン酸型・合成して作られるものをモノグルタミン酸型と言います。

 

両者を比較するとモノグルタミン酸型の吸収率は85%前後です。ところがポリグルタミン酸型の吸収率は50%以下になります。より効率的に葉酸を体内に吸収できるモノグルタミン酸型による摂取を推奨しているわけです。

 

妊娠していないときでも葉酸は必要な栄養分です。この場合の1日当たりの摂取量は240μgです。しかし妊娠中であれば480μgと倍、妊娠3か月までの初期は640μgの摂取が好ましいとされ、葉酸という栄養分の重要度の高さがわかります。

 

このうち厚生労働省では、1日当たり400μgはサプリメントから摂取するように推奨しています。食品でも葉酸を摂取できることはできます。しかし吸収効率が悪いので、より確実に体内に摂取できるサプリメントの方が推奨されているわけです。

 

また特に妊娠初期の段階では、つわりに悩まされる女性も多いです。つわりになると食べ物を受け付けられなくなるケースもあり、食料品だけでは十分栄養分を補給できないかもしれません。そこで葉酸サプリで不足分を賄うわけです。

 

葉酸の過剰摂取による副作用や危険性は?

葉酸サプリの効果

神経管閉鎖障害など赤ちゃんの健康に重大な問題を伴う先天性の疾患を防ぐためには、葉酸を妊娠中に摂取したほうがいいとされています。ベルタ葉酸サプリをはじめとして、今ではいろいろな葉酸サプリが販売されているので、こちらで毎日必要な葉酸を摂取するのも可能です。

 

中にはたくさん葉酸を摂取すればするほど、赤ちゃんにとっていいのではないかと考える女性もいるかもしれません。しかし「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という言葉もあるように、過剰に摂取すると逆効果になることもあり得ます。

 

葉酸の場合も過剰に摂取すると、副作用を引き起こす危険性が全くないとは言い切れません。そこでここでは葉酸を過剰に摂取し続けた場合に、どのような不具合が起きるかについて詳しく見ていきます。

耐用上限量は約1000μg。女性の平均摂取量は240μg。サプリから400μg摂るとしても過剰摂取にはほど遠い!

葉酸は水溶性ビタミンの一種です。このため、使われなかった場合尿の中に含まれてそのまま体外に排出されます。ですから過剰摂取になるリスクはもともと少ないといわれています。しかし1日1000μgを超える葉酸を毎日摂取し続けると、過剰摂取に該当します。

 

必要以上に葉酸を摂取した場合、副作用が起きることもすでに報告されています。報告されている事例を見てみると、いろいろな症状があります。食欲不振や吐き気、むくみ、不眠症などが報告されています。

 

葉酸を1日当たり1000〜1万マイクログラム摂取し続けると、葉酸過敏症という症状を引き起こす可能性が高まります。葉酸過敏症になると発熱やじんましん、全身のかゆみ、呼吸障害などが起こりやすくなりますので注意しましょう。

 

このように葉酸を過剰摂取すれば、体にマイナスの症状がいろいろと起きる可能性は十分あります。しかし普通に生活している女性で、葉酸を過剰に摂取し続けることはまずないといっていいです。

 

というのも女性の平均葉酸摂取量を見てみると、1日240μgだからです。ここに厚生労働省などが推奨しているサプリ1日400μgが上積みされたとしても、1000μgからは程遠いです。

 

葉酸は妊娠に必要な栄養素!摂らないデメリットは大きい

妊娠中は葉酸を摂取したほうがいいというのは、おばあちゃんの知恵や都市伝説的なものではないです。日本の厚生労働省という政府の一機関が通達しているものです。ですから非常に信ぴょう性は高いです。

 

今まで見てきたように葉酸不足のままだと、神経管閉鎖障害を引き起こすリスクが高くなります。もしそこから無脳症になってしまうと、おなかの中で胎児は成長するものの母体から外に出て生きていくことはできません。

 

二分脊椎症になった場合、赤ちゃんは生まれるかもしれません。しかしいろいろな障害を抱え、生まれながらにしてハンデを抱える可能性が高いです。しかも生涯にわたって治療を続ける必要性も生じる可能性もあり、健康な赤ちゃんを出産するためにはやはり葉酸の摂取がおすすめです。

 

葉酸による効果はエビデンス(科学的根拠)があり

葉酸サプリの効果

葉酸を摂取することによる神経管閉鎖障害のリスク低減については、世界中で様々な実験が行われ、立証されていることです。複数の栄養補助食品を用いた疫学研究で、神経管閉鎖障害の発症の可能性を葉酸が低減できる結果はほぼ一致しています。

 

また葉酸と神経管閉鎖障害の関連性を立証するデータだけでなく、どのように関係しているのか、そのメカニズムについても解明されています。葉酸の代謝物が神経管閉鎖障害の発症に関与していることも医学的な根拠がすでに示されているほどです。

 

このように葉酸が赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減することは、いろいろなデータで実際に立証されています。健康な赤ちゃんを産みたいと思っているのであれば、葉酸サプリの摂取を行った方がいいわけです。

 

即効性の効果はないが葉酸サプリは母子ともに必要

葉酸は食料品にも含まれていますが、調理の段階で壊れてしまう恐れがありますし、代謝などの影響を受けてうまく体内に吸収できない恐れがあります。葉酸サプリのような合成された葉酸であれば、効率よく体内に栄養分を摂取できます。

 

ただし葉酸サプリメントは、あくまでも健康食品の一種です。医薬品ではないので、飲み始めて数日程度で劇的に効果を実感できるようなものではないです。数か月という単位で飲み続けて、徐々に効果を実感できるようなものです。

 

葉酸サプリの口コミを見ると「効果がなかった」という意見も時折見られます。しかしこれは効果がなかったよりも、効果のあらわれる前にあきらめてしまうケースが多いからと言えます。たとえ効果が感じられなくてもしばらくは摂取し続けることです。

 

ベルタ葉酸サプリはモノグルタミン酸型葉酸400μg配合

葉酸サプリの効果

ベルタ葉酸サプリは葉酸サプリとして、現在注目を集めている商品です。まずベルタ葉酸サプリには1日当たり400μgの葉酸が配合されています。

 

しかもこの葉酸ですが、モノグルタミン酸という合成葉酸です。食料品に含まれる天然葉酸と比較して、栄養分の吸収効率に優れています。モノグルタミン酸型葉酸1日400μgが配合されていて、厚生労働省の推奨する条件を満たしたサプリメントです。

 

またベルタ葉酸サプリは葉酸だけを配合しているわけではない点にも注目しましょう。そのほかにも妊娠中の女性は摂取しておきたい栄養素の鉄分やカルシウムも配合しています。

 

さらにつわりの時などは食べ物が受け付けられなくなる女性もいるはずです。そのようなときに起こりがちな野菜不足に対応して、さまざまな野菜のエキスも配合されています。野菜の持つ栄養素をベルタ葉酸サプリで一気に補えるところも魅力です。

 

ざっと見ても大麦若葉・ケール・サツマイモ・ほうれん草・かぼちゃ・人参・桑の葉・大葉のエキスが配合されています。しかもいずれも国内産の原料を使っています。このように厳選された野菜を配合しているので、おなかの中に赤ちゃんのいる妊婦さんでも安心して摂取できるでしょう。

 

まとめ

葉酸サプリの効果

妊娠初期の段階で、人間の重要な器官が形成されます。ここで十分な栄養分を摂取できるかどうかが、健康な赤ちゃんを産むために必要なことです。そのために葉酸を十分摂取することが大事で、厚生労働省でも近年葉酸の摂取を推奨しているほどです。

 

ベルタ葉酸サプリは1日4粒摂取すれば、1日に必要な葉酸を確保できるサプリになっています。葉酸不足の状態だと、神経管閉鎖障害を起こし、死産・流産してしまう恐れも高いので摂取を心がけましょう。

 

ただし葉酸サプリは医薬品ではないので即効性はないです。口コミで「効果なし」という意見も見られますが、しばらく効果を実感できなくても摂取し続けることです。数か月続けることで、徐々に効果を実感できるはずです。

関連ページ

ベルタ葉酸サプリは楽天で通販できない?購入は【ココ】がおすすめ!
ベルタ葉酸サプリは楽手で購入できない?実際にどこで通販するのがおすすめなのでしょうか。購入なら「ここ」がおすすめといえる販売店を解説します。
『ベルタ葉酸サプリ』VS『ベジママ』成分&口コミの違いを徹底比較!
大人気葉酸サプリの2つを徹底比較。ベルタ葉酸サプリとべジママ、どちらが人気あるのでしょうか。栄養成分や口コミなど、全ての情報を調査して違いを徹底比較します。
いつからいつまで飲むべき?ベルタ葉酸の正しい摂取時期教えます!
ベルタ葉酸などの葉酸サプリをいつから摂取するのかと思ったことはありませんか?妊娠はまだだけど赤ちゃんを意識した段階で摂取すべきなのか、妊娠がわかった後からなのか、よくわからないという人もいます。
ベルタ葉酸サプリは返品可能!?簡単に解約する方法【徹底解説】
ベルタ葉酸サプリを定期購入したけれど、一度定期購入を申し込むとなかなか解約できないのではと不安に感じている人もいるかもしれませんが、ベルタ葉酸サプリの定期購入の解約について簡単に解説します。
ベルタ葉酸サプリは効果なし!?【実際の口コミ15選】
ララリパブリックは効果なしという評判が多いと言われていますが、それは本当なのか、またララリパブリックの評判は本当のところはどうなのかを調べてみました。
味がマズい?ベルタ葉酸サプリのニオイと大きさ【飲みやすさ検証】
ベルタ葉酸サプリは味やニオイも以前はちょっと気になるという声がありましたが、改良されてリニューアルされ、ニオイや味がほとんど気にならないレベルにまで抑えられています。そして飲みやすくなったようです。
【注意】ベルタ葉酸の副作用が危険なんて嘘…でもコレだけは注意!
サプリの副作用や危険性は気になる部分です。ベルタ葉酸サプリにそのような副作用や危険性はあるのでしょうか?徹底調査してみました。
【ララリパブリックVSベルタ葉酸サプリ】比較対決!おすすめは?
人気No.1の葉酸サプリ「ベルタ」と、海外で人気のララリパブリックを徹底比較!どちらがおすすめなのか?原材料や成分、安全性、価格や口コミも徹底的に検証しました。