いつからいつまで飲むべき?ベルタ葉酸の正しい摂取時期教えます!

摂取時期

ベルタ葉酸サプリは葉酸サプリとして、妊活や妊娠中の女性の間で高い人気のある商品です。妊活・妊娠中の女性の間で、葉酸を摂取することが健康な赤ちゃんを産むために必要であることは広く浸透しています。

 

中にはベルタ葉酸サプリの購入を検討している方もいるかもしれません。しかしそのような人の間で疑問に感じているのは、ベルタ葉酸サプリなどの葉酸サプリをいつから購入して摂取すればいいのかという点ではありませんか?

 

妊娠していないけれども赤ちゃんを意識した段階で摂取すべきなのか、妊娠がわかった後からでも問題はないのか、よくわからないという人もいるでしょう。そこでここでは、葉酸サプリを飲むべきタイミングについて詳しく見ていきます。

 

ベルタ葉酸サプリはいつから始めるべきなのか?!葉酸摂取が目的!

ベルタ葉酸サプリを購入して摂取するのであれば、早い段階から買い求めたほうがいいでしょう。できれば妊娠する前の段階、子供が欲しくて具体的に妊活を始めた段階で摂取し始めるのがおすすめです。なぜならベルタ葉酸サプリの主成分は葉酸だからです。

 

葉酸は妊娠中から出産後の授乳期まで、必要な栄養分といわれています。しかし中でも特に妊娠初期の段階で十分摂取しておかないと、健康な赤ちゃんを出産できない可能性が高まります。

 

葉酸が妊娠中不足している状況が続くと、先天性異常を抱えた赤ちゃんが生まれる危険性も高まります。さらに状況が悪ければ、死産や流産という結果にもつながりかねません。妊娠を意識しているのなら、葉酸サプリを早い段階から摂取すべきです。

 

本来は妊娠前から始めるべき

ベルタ葉酸サプリを摂取するのであれば、妊娠前から始めたほうがいいです。葉酸は妊娠初期の段階で特に必要な栄養分といわれているからです。もし葉酸がこの時期十分でなければ、神経管閉鎖障害という症状を引き起こす危険性があります。(参照:神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について)

 

あとで詳しく見ていきますが、神経管閉鎖障害を抱えてしまうと胎児は深刻な病気を発症します。場合によっては死産・流産になる可能性もありますし、生まれたとしても長い期間治療が必要になるケースも考えられます。

 

神経管閉鎖障害などの先天異常は妊娠10週までで、中枢神経系の問題は7週までに発症します。これは厚生労働省が発表していることで信ぴょう性は高いです。いかに妊娠初期の段階で、先天性疾患の発症リスクが高いかお分かりでしょう。

 

妊娠に気が付く人は個人差があるものの、妊娠2か月前後で生理の来ないことから「もしかしたら…」と思う人が増えるようです。つまり妊娠に気が付いて産婦人科を訪れた際には、上で紹介した7週や10週を過ぎている可能性も高いです。

 

ですからベルタ葉酸サプリのような葉酸サプリを摂取するのであれば、妊娠する前段階、妊活の時からの摂取がおすすめです。厚生労働省でも、妊娠の1か月以上前から葉酸の摂取を推奨しているほどです。

 

「神経官閉鎖障害」葉酸の摂取によってリスクが70%近く低減できる

摂取時期

妊娠している女性が妊娠中葉酸の摂取が推奨されているのは、赤ちゃんの先天異常のリスクを軽減できるからです。赤ちゃんの先天異常とは具体的には、神経管閉鎖障害という病気です。

 

もし葉酸を必要量摂取できていれば、神経管閉鎖障害のリスクが実に70%近く低減できるというデータも出ています。ですから厚生労働省や関連する専門家の組織の先天異常学会で推奨しているわけです。

 

神経管閉鎖障害を引き起こすと、今後二分脊椎症もしくは無脳症を招きます。死産や流産を招く可能性も十分ありますし、出産できたとしても赤ちゃんには大きな障害が残る可能性は高いです。この神経管閉鎖障害が招くこれら2つの病気について以下で詳しく見ていきます。

 

神経間閉鎖障害「二分脊椎」とは?

神経管閉鎖障害は、神経管の一部に異常の発生する病気です。この異常が神経管の中でもどこで起きるかによって、症状が2種類のうちのいずれかに決まります。もし神経管の下部で異常が発生した場合には、二分脊椎を引き起こします。

 

二分脊椎とは、脊椎の外に脊髄が飛び出してしまう状態を指します。本来脊髄は脊椎の中に納まっていなければなりません。二分脊椎になると、排せつや歩行など日常生活に大きな障害を引き起こす可能性が高いです。

 

また二分脊椎になると、水頭症という合併症を引き起こすリスクが高まるともされています。もし水頭症も発症してしまうと、赤ちゃんの脳機能に何らかの障害が起きる懸念も出てきます。いずれにせよ、大きな障害の残る可能性は高いです。

 

神経間閉鎖障害「無脳症」とは?

一方で神経管の上部で問題が生じた場合、今度は無脳症という病気を引き起こします。神経管の上部は成長とともに脳になるのですが、これがうまく形成できなくなります。

 

その結果、脳の一部が欠損してしまう、脳全体の発育が不十分に陥る可能性が高いです。ですからお母さんのおなかの中であれば、胎児は引き続き成長できるかもしれません。しかし出産するとなると、人間にとって最も重要な脳が十分に機能していないので、生き続けられません。

 

このため、ほとんどのケースで流産や死産という結果を招きます。レアケースですが、うまく出産できることもあるかもしれません。しかしこの場合でも、すぐに死亡してしまいますので長く生き続けることは絶望的な病気といっていいです。

 

厚生労働省が推奨する量は400μg!葉酸は食事で摂取できないのか?

摂取時期

神経管閉鎖障害という赤ちゃんの先天異常を防ぐためには、妊娠中に十分な葉酸をお母さんが摂取することです。神経管閉鎖障害にかかった赤ちゃんは死産・流産するリスクも高いですし、出産できても大きな障害の残る可能性があります。

 

そこで厚生労働省でも、妊娠中の女性は意識して葉酸を摂取すべきと通知しているほどです。厚生労働省では、葉酸サプリなど合成葉酸を1日当たり400μg摂取するように推奨しています。

 

一方葉酸はビタミンの一種で、普段私達が食べている食料品の中にも含まれている栄養素です。ならば日々の食事で葉酸を十分摂取できれば、葉酸サプリを服用する必要はないと思う人もいるかもしれません。そもそも食事だけで必要な葉酸を補えるかどうかについてみていきます。

 

葉酸がたくさん摂れる食品一覧

葉酸は食べ物の中にも含まれている栄養分です。では具体的にどのような食材に多く葉酸が含まれているのでしょうか?まず多く含まれているといわれているのがレバーです。レバーであれば、牛・豚・鶏いずれの肉にも多く葉酸は含まれています。ただし葉酸を多く摂取するためにレバーをたくさん食べると、今度はビタミンAの過剰摂取になる恐れがあるので注意しなければなりません。

 

そのほかには魚介類の中にも葉酸を多く含む食材があります。具体的にはたたみいわしやサクラエビ、のり、煮干し、しらす干しなどが挙げられます。

 

野菜の中にも葉酸が豊富に含まれている食材が見受けられます。その中でもホウレンソウや乾燥切り干し大根、ブロッコリー、菜の花、パセリ、芽キャベツのゆでたもの、枝豆、モロヘイヤなどが葉酸を多く含む野菜として有名です。

 

果物の中にも葉酸が多く含まれた種類があります。具体的に見ていくと、ライチや乾燥ナツメ、イチゴ、ラズベリー、サクランボ、スモモ、マンゴー、アボカドなどが含まれます。

 

そのほかには卵の黄身やチーズにも葉酸が多く含まれているといわれています。ただしチーズですが、加熱殺菌されているものでなければならないので注意しましょう。

 

食品から摂れるのは天然葉酸(プテロイルポリグルタミン酸型の葉酸)

葉酸にはさらに2種類に分類できます。食品に含まれている天然のポリグルタミン酸型とサプリメントに含まれる合成されたモノグルタミン酸型です。両者を比較した場合、モノグルタミン酸のほうが体内への吸収効率が高いといわれています。

 

ポリグルタミン酸型の葉酸の場合、体内に入るといったんモノグルタミン酸に変換されてから吸収されます。モノグルタミン酸ならそのまま体内に吸収されるので、スムーズに取り入れることができるわけです。

 

天然由来のものと成分調整された合成のものと比較すると、天然のほうが安全性も高くいいような感じがするかもしれません。しかし実際には葉酸の場合、サプリのような合成されたもののほうが効率的に体内に取り込めるわけです。

 

諸外国では葉酸サプリの摂取は必須となっている!

日本では厚生労働省が近年になって、妊娠中の葉酸サプリの摂取を推奨し始めています。しかし海外を見てみると、日本よりも前の段階ですでに葉酸サプリの摂取を妊婦さんに勧めています。葉酸と赤ちゃんの出生の関係については、日本に先駆けて研究が進められていたからです。

 

欧米諸国を中心に、葉酸摂取と神経管閉鎖障害の発症リスクの関係について研究がいろいろとおこなわれました。そしてその結果ほぼ共通しているのは、葉酸の摂取によって神経管閉鎖障害の発症リスクの低減していた点です。

 

欧米諸国では、1990年代よりこのような研究が活発に行われていました。日本は神経管閉鎖障害の引き起こす二分脊椎症の発症リスクがもともと低かったので、このような研究では若干後手に回ったところがありました。

 

日本でも葉酸の摂取は必須!

妊娠して自治体に届け出ると、母子手帳がもらえます。この母子手帳には妊娠の経過や出産状況について、さらに生まれた後も予防接種を受けているかどうかなどの細かな記録をつけられるようになっています。

 

母子手帳が手元にある人は目にしてほしいのですが、妊娠中の葉酸摂取についての項目が記載されているはずです。母子手帳は限られたスペースの中に情報を入れる必要があり、最重要情報のみを記載しています。

 

母子手帳に葉酸の摂取について書かれているということは、厚生労働省がいかに妊婦さんにとって必要不可欠な栄養素であるか、証明しているようなものです。おなかの中の赤ちゃんの成長に関する食事の中で、葉酸だけが栄養素の中でも明記されているほどです。

 

吸収率の良い合成葉酸(モノグルタミン酸型の葉酸)を400μg摂取

厚生労働省では合成葉酸と言って、サプリメントに含まれる加工された葉酸の摂取を推奨しています。食料品の中に含まれる天然由来の葉酸の場合、どうしても吸収効率が悪いからです。

 

妊娠中、合成葉酸の摂取を1日400μgを目安としています。厚生労働省の発行した文書によると、野菜を350g程度摂取すれば目安をクリアできるかもしれないとしていますが、一方で食事の葉酸の利用効率がまだはっきりしていません。また生活習慣によって、毎日350gの野菜を摂取し続けるのが困難な可能性も指摘しています。

 

このため、どこでも手軽に摂取できる葉酸サプリによって摂取することを推奨しています。ちなみにベルタ葉酸サプリであれば、1日4粒摂取するとこの400μgの葉酸を摂取可能です。

 

ベルタ葉酸サプリはいつまで飲むべきなのか?時期別まとめ

薬の飲み方を説明する女性

 

ここまで見てきたように、神経管閉鎖障害を予防するためには妊活段階から葉酸を意識して摂取することが求められます。しかも天然由来ではなく、葉酸サプリのような合成されたものの方が吸収効率にも優れています。

 

このことは厚生労働省も先天異常学会でも認めていることです。健康な赤ちゃんを産むためには、葉酸サプリの摂取がおすすめです。そして葉酸サプリの中でも安定した人気のあるのが、ベルタ葉酸サプリです。

 

ではここで問題になるのは、では一体ベルタ葉酸サプリをいつからいつまで摂取すればいいのかという問題があるでしょう。妊活段階から、出産した後まで摂取をし続ける必要があるのでしょうか?以下ではいつまでベルタ葉酸サプリを摂取するのがおすすめかについてみていきます。

 

【大前提】厚生労働省調べ1日の摂取量平均

なぜ厚生労働省が葉酸サプリの摂取を推奨しているかというと、普段の食生活で慢性的な葉酸不足の状態に陥っている女性が多いからです。まず1日当たりの葉酸の推奨摂取量は350μgとされます。

 

では現代女性は日々の食生活の中で、どのくらいの葉酸をとれているのでしょうか?同じく厚生労働省の調査によると、20代234μg・30代243μg・40代253μgです。いずれも推奨される摂取量よりも約100μgも不足しています。

 

しかも妊娠中はおなかの中の赤ちゃんにも栄養分は供給されます。ですから通常時以上に葉酸を摂取する必要があります。食生活はいきなり大きく変えることは難しいでしょうから、手軽に毎日摂取できる葉酸サプリの活用を厚生労働省でも推奨するわけです。

妊娠前・妊活段階での摂取について

厚生労働省では、妊娠の1か月以上前の段階から葉酸サプリの摂取を推奨しています。これは妊娠初期の段階で神経管が作られるので、当人が妊娠に気づく前から対策しておく必要のあることが一つ目の理由です。

 

そしてもう一つ、妊活している女性は妊娠のチャンスを高める効果が期待できるからも大きな理由です。葉酸には造血作用があるといわれています。赤血球が多く作られることで、血行促進につながります。

 

子宮内の血行の悪い状態が続くとなかなか妊娠できないとも言われています。子宮内膜の厚みや柔軟性が不足することで、受精卵が着床しにくくなると考えられているからです。言い換えれば葉酸を摂取して、造血作用を高め血行促進すれば、受精卵が着床しやすい、すなわち妊娠しやすい環境が整備できるわけです。

 

先天異常のリスク回避のためにモノグルタミン酸型が400μg必要

なぜ厚生労働省などが女性に葉酸サプリの摂取を推奨するか、それは赤ちゃんの先天異常のリスクを低減するためです。葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害という症状が起こりやすくなることは国内外のデータで立証されていることです。

 

神経管閉鎖障害を抱えた赤ちゃんは、死産・流産してしまう可能性が高いです。またうまく出産できたとしても、日常生活に支障をきたすような深刻な障害を抱える可能性が大です。

 

もし健康な赤ちゃんを出産したければ、葉酸サプリを早めに摂取すべきです。厚生労働省では葉酸サプリに含まれるモノグルタミン酸型の葉酸を1日400μg摂取するように求めています。ベルタ葉酸サプリは1日4粒の目安量を摂取すれば、この条件をクリアできます。

 

【補足】神経官閉鎖障害は妊娠超初期(4週頃)に起こる

ベルタ葉酸サプリをいつから飲み始めるべきか、これは妊娠を希望した早い段階からがおすすめです。ベルタ葉酸サプリに含まれる葉酸の摂取によって、神経管閉鎖障害の発症リスクを低くできます。

 

この神経管、形成されるのは妊娠の中でもごく初期の段階です。妊娠4週ごろにはすでに神経管の形成が始まるといわれています。すなわち神経管閉鎖障害を発症する危険性もこの時期高まるわけです。

 

妊娠4週ごろでは、当人もまだ妊娠に気づいていない可能性が高いです。つまり当人が妊娠に気が付いた段階で初めて葉酸サプリの摂取を始めても、すでに神経管は作られた後という可能性も十分考えられます。ですから妊娠する前から葉酸サプリの摂取を開始したほうがいいわけです。

 

妊娠初期での摂取について

妊娠前の段階でベルタ葉酸サプリを摂取することで、葉酸の造血作用によって受精卵が着床しやすい環境を整備してくれます。つまり妊活をしている人は、より早くその結果の出る可能性が高まるわけです。

 

では晴れて妊娠をしたらベルタ葉酸サプリの摂取をやめてもいいかというとそうではありません。むしろ妊娠初期の段階ではベルタ葉酸サプリをしっかり摂取したほうが、元気な赤ちゃんの生まれる可能性が高いです。

 

ベルタ葉酸サプリに含まれている葉酸には、赤ちゃんの先天異常である神経管閉鎖障害の発症リスクを低減する効果があります。このことはすでに世界中の研究で立証されていることです。このため、厚生労働省でも葉酸サプリの摂取を推奨しているほどです。

 

先天異常のリスク回避でモノグルタミン酸型の葉酸は400μg必要!

妊娠中もベルタ葉酸サプリの摂取をした方がいいです。先ほども紹介したように、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減してくれるからです。厚生労働省では、モノグルタミン酸型という合成葉酸を1日400μg摂取するように推奨しています。

 

ちなみにベルタ葉酸サプリの1日の目安摂取量は1日4粒です。この4粒を毎日摂取すれば、先ほど厚生労働省が推奨している1日400μgの合成葉酸の摂取という基準をクリアできます。

 

妊娠初期の時、つわりに苦しむ女性も少なからず見られます。中にはあまりにつわりがひどくて、食べ物を受け付けられないという方も出てくるでしょう。ベルタ葉酸サプリを摂取すれば、つわりで栄養不足に陥っている体に必要な栄養素を補給できるプラスの効果も期待できます。

 

妊娠中期・妊娠後期の摂取について

妊娠初期はつわりがひどくて大変という女性も多いでしょうが、中期に差し掛かってくるとだいぶ状態は安定してくるはずです。このころになると、おなかの中の胎児もだいぶ体が形成され、人の形に近づいていきます。

 

ところで妊娠中期や後期に差し掛かったところでも引き続きベルタ葉酸サプリの摂取を続けるべきかどうかですが、これは摂取したほうがいいでしょう。妊娠中期以降のベルタ葉酸サプリの摂取は文字通り、サプリメントとしての役割がメインです。

 

妊婦さんは赤ちゃんのことを考えて、栄養バランスの取れた食生活を意識するでしょう。しかし毎日・毎食続けるのは、実際にやってみるとかなり大変なことです。そこで食事で不足する栄養分をベルタ葉酸サプリで補う形をとってみましょう。

 

中期・後期の葉酸摂取は食事から

ベルタ葉酸サプリの主成分である葉酸は、肉や魚、野菜など私たちが日々食べている食材の中にも含まれています。理想を言えば、日々の食生活の中で葉酸を摂取することでしょう。しかし現実問題、必要な葉酸を食事から毎日摂取し続けるのはかなり困難です。

 

食材に含まれる天然葉酸の場合、サプリの葉酸と比較して体内への吸収効率がかなり悪いです。ですからその分多く食べ物をとらないといけなくなります。また葉酸以外の栄養分もバランスよく食べる必要があり、すべてを満たすのは至難の業です。

 

ですから妊娠中期以降は、日々の食事では補え切れない葉酸を補給するような感覚で摂取するといいです。少なくても1日240μg程度の葉酸はベルタ葉酸サプリから摂取するようなイメージを持ちましょう。

 

産後・授乳中の摂取について

ここまで見てきたように、ベルタ葉酸サプリなどの葉酸サプリは妊活の段階から妊娠期間中はずっと摂取したほうがいいです。ではこれからベルタ葉酸サプリを購入しようと思っている人で、いつまで摂取し続ける必要があるのか、という疑問がわいてくるはずです。

 

以下で詳しく見ていきますが、出産後もできればベルタ葉酸サプリの摂取は続けるのがおすすめです。赤ちゃんを産んだら、たいてい授乳するのが普通です。この授乳時期でも葉酸の消費はあるので、外部から補っていく必要があります。

 

妊娠初期の神経管閉鎖障害予防のためほど、多量の葉酸を摂取する必要はないです。しかし引き続きベルタ葉酸サプリを摂取して、子供の健やかなる成長を望んでみるのはいかがですか?

 

産後・授乳中の葉酸摂取100μg!目的は母乳を作るため

葉酸は赤ちゃんの発育のためにも欠かせない栄養素です。赤ちゃんを産んだら、たいていのお母さんは自分の母乳を飲ませることになるでしょう。実はこの母乳の中には、葉酸などの栄養素も含まれています。

 

つまり常日頃から十分葉酸をお母さんが摂取していれば、母乳を介して十分赤ちゃんにも葉酸を届けられます。すくすく赤ちゃんが発育していってほしいと思っているのなら、引き続きベルタ葉酸サプリなどの葉酸サプリの摂取を続けたほうがいいでしょう。

 

出産後、授乳中のお母さんは1日当たり葉酸を340μg程度摂取するのが好ましいといわれています。日々の食事から240μg程度摂取して、残りの100μgを葉酸サプリから摂取するような目安を立ててみましょう。

 

ベルタ葉酸サプリは全時期に必要な葉酸の摂取量を満たせる

摂取時期

葉酸というと神経管閉鎖障害の発症リスクを低減する作用が強調される傾向が見られます。ですから妊娠初期の神経管が形成される段階が終了すれば、それ以上サプリメントを摂取しなくてもいいのではないかと思う人もいるでしょう。

 

しかし実際のところ今まで見てきたように、妊娠期間中全般、さらには出産後も葉酸サプリを引き続き摂取したほうがいいです。母子ともどもの栄養補給効果が期待できるからです。葉酸はこうしてみると、非常に重要な栄養素であることがお分かりでしょう。

 

もし妊活の一環としてベルタ葉酸サプリの購入を検討しているのであれば、産後まで引き続き摂取することを前提にすべきです。そしていつまでベルタ葉酸サプリを摂取し続けるか、それは基本的に赤ちゃんが卒乳するまでと考えるとよいでしょう。

 

まとめ

摂取時期

健康な赤ちゃんを産むにあたって、葉酸の摂取がいかに重要であるかお分かりになったでしょう。厚生労働省など国の機関が積極的に啓もう活動を行っていることからも、重要度の高さがうかがえるはずです。

 

葉酸は確かに食材の中にも多かれ少なかれ含まれている栄養素ではあります。しかし必要十分な葉酸を毎日摂取し続けるためには、葉酸サプリの摂取の方がおすすめです。天然由来のようになかなか体内に吸収されないこともないからです。

 

ベルタ葉酸サプリは1日の摂取目安を守れば、1日に必要な葉酸をしっかり摂取できます。その他にも鉄分やカルシウム、国産の野菜パウダーなどお母さんが妊娠中必要になる栄養分が凝縮して配合されています。ベルタ葉酸サプリで、健康な赤ちゃんを産みませんか?

関連ページ

ベルタ葉酸サプリは楽天で通販できない?購入は【ココ】がおすすめ!
ベルタ葉酸サプリは楽手で購入できない?実際にどこで通販するのがおすすめなのでしょうか。購入なら「ここ」がおすすめといえる販売店を解説します。
『ベルタ葉酸サプリ』VS『ベジママ』成分&口コミの違いを徹底比較!
大人気葉酸サプリの2つを徹底比較。ベルタ葉酸サプリとべジママ、どちらが人気あるのでしょうか。栄養成分や口コミなど、全ての情報を調査して違いを徹底比較します。
ベルタ葉酸サプリは効果なし?葉酸サプリの効果を徹底解説!
ベルタ葉酸サプリはネットで人気No.1の商品です。そんなベルタ葉酸サプリは効果あるのでしょうか。葉酸サプリの効果とは一体何なのでしょうか。徹底解説します。
ベルタ葉酸サプリは返品可能!?簡単に解約する方法【徹底解説】
ベルタ葉酸サプリを定期購入したけれど、一度定期購入を申し込むとなかなか解約できないのではと不安に感じている人もいるかもしれませんが、ベルタ葉酸サプリの定期購入の解約について簡単に解説します。
ベルタ葉酸サプリは効果なし!?【実際の口コミ15選】
ララリパブリックは効果なしという評判が多いと言われていますが、それは本当なのか、またララリパブリックの評判は本当のところはどうなのかを調べてみました。
味がマズい?ベルタ葉酸サプリのニオイと大きさ【飲みやすさ検証】
ベルタ葉酸サプリは味やニオイも以前はちょっと気になるという声がありましたが、改良されてリニューアルされ、ニオイや味がほとんど気にならないレベルにまで抑えられています。そして飲みやすくなったようです。
【注意】ベルタ葉酸の副作用が危険なんて嘘…でもコレだけは注意!
サプリの副作用や危険性は気になる部分です。ベルタ葉酸サプリにそのような副作用や危険性はあるのでしょうか?徹底調査してみました。
【ララリパブリックVSベルタ葉酸サプリ】比較対決!おすすめは?
人気No.1の葉酸サプリ「ベルタ」と、海外で人気のララリパブリックを徹底比較!どちらがおすすめなのか?原材料や成分、安全性、価格や口コミも徹底的に検証しました。